ヒップホップ初心者にオススメのアルバムとは

ヒップホップ初心者にオススメのアルバムとは

多くの人が音楽に熱中する昨今では、癒しを求めるだけではなく、自分たちで踊って楽しむということも増えています。
そのような中で、ヒップホップは絶大な人気を博しています。
軽快なリズムとダンスで、人々を魅了するヒップホップは、初心者にはとても難しいステップなども有りますが、教室に通ったり、映像を視聴しながら、覚えると、体にしみこんできます。
初心者は、何度も練習することで上達しますので、踊りやすいアルバムなどを準備して、ヒップホップに親しむことが大切です。
オススメのアルバムは、とにかく踊りやすいものです。
音楽が聞き取りやすく、リズムがはっきりしているものを選択することがオススメです。
体で覚えるのが基本でもありますが、音楽を普段から聞いていると、リズムを覚え、ダンスの内容を頭の中で復習することもできるようになります。
ただ踊るだけではなく、音楽の特性などから構成を考えていくことで、自分たちで振付をすることも可能です。

ヒップホップ文化の歩み

ヒップホップとは、1970年代にアメリカ合衆国ニューヨークのブロンクス区にて、カリビアンアメリカンやアフロ・アメリカン、ヒスパニック系住民の行われたブロックパーティーから生まれた文化です。
ラップ、DJ、グラフィティ、ブレイクダンスがヒップホップカルチャーを構成する四大要素となっています。
これらの要素はアメリカのストリートギャング文化と関係があるとされており、それらの抗争で血を流す事を防ぐ目的として、暴力や銃の代わりにラップやブレイクダンスで優劣を争い、またギャング達の縄張りの主張、情報を交換するなどの目的にグラフィティが用いられたとされています。
発祥から現在に至るまで、様々なスタイルが生み出されており、特に音楽的な側面での影響は凄まじく、それまで中心的にあったジャンルに取って代わり、多くの人に愛されるようになります。
同時にファッション文化にも多大な影響を与え、アメリカのみならず、日本においてもB-BOYファッションと言われるスタイルが広く浸透し、今もなお根強い人気を誇っています。
その日本でのヒップホップ文化の流行はアメリカよりも少し遅れ、1999年から徐々に音楽チャートを賑わせていきます。
やがて人気アイドルグループがラップを取り入れた事や、これまでアンダーグラウンドで活動してきたラップミュージシャンが大手メディアに出演した事をきっかけに、ファッションを含めたストリートカルチャーとして定着していきました。

Valuable information

痛車の依頼をしたい方はお任せください

痛車

医療用かつらをお探しの方はお任せください

医療用かつら

蓮田市の分譲住宅を検討中の方はお任せください

蓮田市 分譲住宅

最終更新日:2018/11/1